世界の片隅で生きています

中国語を趣味として勉強しています

NHKラジオのステップアップ中国語を受講してみようと思った話

去年の11月ぐらいに「やっぱりもっと本を読まなくちゃいけないな。」と思い立ってからと言うものの、本屋に立ち寄る頻度が以前に比べて格段に増えた気がする。

その頃はちょうど新しいアルバイトを始めたばかりで、慣れない仕事内容や職場環境に順応するのに悪戦苦闘していた。

そんな自分を少しでも鼓舞したくて、私は働き方について書かれた本を買って読み、1日1日をなんとかやり過ごしていた。

 

本屋に行くときは、あらかじめネットで自分の興味のある本を調べてから行くこともあれば、他の用事で出掛けたついでにフラッと立ち寄ることもある。

先日は所用で出掛けたのだけれども、ちょっとした隙間時間ができてしまったので、本屋で有意義に時間を潰すことにした。

特に欲しい本があるわけではなかったので、目的もなく店内をぶらぶらと歩きながら、何か面白そうな本はないかと探していた。

ちょうどその時、書店の一画にあったNHKの中国語テキストが目に入った。

やはり自分の興味のあるものには、無意識に目がいってしまうものなのかもしれない。

以前、中国語を習い始めたばかりの頃、テレビでやっていたNHK中国語講座を毎週楽しみに観ていたのを思い出した。

そして最近、仕事で疲れているからと、中国語の勉強を疎かにしてしまっている現状にも少し危機感を感じていた。

そこで、これを機にNHKのステップアップ中国語という講座を受けてみようと決めた。

なぜなら、講座の主旨が今の私にとってとても魅力的に思えたからだ。講座の主旨は、以下のように書かれていた。

 

この講座は、中国語のステップアップを目指す皆さんに向けて、通訳トレーニングの方法を取り入れながら、中国語の「聞き取る力」、「伝える力」を向上させることを目指しています。

 

まず、通訳式トレーニングとは一体どういったものなのか、将来通訳の仕事をしてみたいという夢をまだ諦めていない私にとって、とても興味深い。

それに、「聞き取る力」も「伝える力」も伸ばしていきたい。

 

とりあえず、テキストを買ったはいいものの、実はまだ第2課までしか受けられていない。

なので、最後まで講座を受けてみて、自分はどう感じたのか、また効果は感じられたのかなどを書けたらいいなと思っている。

決して 本棚の肥やしだけにはしないように、今回買ったテキストは最後までやり切りたいと、ここで宣言をさせて頂きたい。